FC2ブログ
Profile

■takuya■

  • Author:■takuya■
  • 【自己紹介】
    音楽と酒を愛す24才。
    福岡は筑豊生まれ。
    就職を機に神戸に移籍。
    そしたら今度はフィリピン!
    グローバルな男になるぜ。

    【連絡先】
    tickfour@hotmail.co.jp



Recommend

mika

[Life in cartoon motion / MIKA]
英BBCが2007年最も注目のアーティストとして選んだのが彼ら。 その評価は置いておくにしても,このキャッチーさとダンサブルなサウンドは誰もの心を掴むはず.Let's dance!!

super nice

[SUPER NICE!!!! / mo'some tonebender]
俺が欲しかったのはコレだ!!血管ブチ切れた彼らも良いけどM3,6,11辺りのどこか物憂げな雰囲気が彼の声には良く似合う。ただ最近見たライブが余りにも…マジで今後に期待してます。

hedwig

[Movie]HEDWIG AND THE ANGRY INCH
ブロードウェイから飛び出した色物ロックミュージカルはやがてデビッドボウイ・ルーリード・マドンナをも魅了する最高のエンターテインメントショーとなった. 全てを失った女男の"愛"についての感動の物語. 全て素晴らしいが楽曲が飛びぬけて素晴らしい.



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近のコメント



blog pet



Link

このブログをリンクに追加する



世界を股にかけろ!!
07 << 2018/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Monday Morning
現在早朝6時。
快速電車は僕の予想とは裏腹に結構な乗客を乗せ、座り損ねた僕を揺らしながら東へ向かう。
急遽決まった出張で、朝9時までに岐阜県は中津川まで行く羽目になった僕を乗せて。

先ずはお詫び。
長いことサボってすみません。
そして士別の旅続編は、間が開きすぎて気が向かないんで、誠に勝手ながらもう書きません。

今書くべき事はもっと別にある。

遡ること15時間前。
僕は部屋の片隅に10ヶ月以上も置き去りにされていたジェラルミンケースの蓋を開け、取り出したスネアのボルトを丹念に締めていた。

思えば本当に偶然だった。
何となく退屈だった。それなりに日々は楽しく、仕事にもこれと言った不満もなく、友達と酒を呑めばベロベロになって朝まで馬鹿騒ぎも出来る。
ただ、たまに何かが足りないような、虚無感に襲われる事があった。
その「何か」が何なのかはわかっていた。
刺激だ。あの、音の渦の中で互いの音がぶつかり合い、弾けたときに感じるあの感覚。
ギターやベースやドラムが、互いに音をぶつけ合い、次第に上り詰めていく快感。
僕は藁にもすがる思いで、ミクシィにバンド募集の告知をした。
当然、声などかかるわけもなかった。
いや、厳密には誘いこそ受けたものの、先の刺激とは重ならなかった。
まぁこんなもんかと思っていたある日、僕は何となく足跡からある人のページに飛んだ。
そこにはドラム募集の文字。
ネットでのバンド募集にある程度の諦めを覚えていた僕は、期待せずにアップされていた音源を聞いた。
自分の中から何かが沸き上がってきた。それを押さえることができず、気が付けばメッセージを送っていた
是非一緒にやりましょう、と。

そして昨日、僕はジェラルミンケースとクソ重いスポーツバッグを持って、スタジオに入った。

そこでの出来事を書くと、とにかく長くなりそうなので省略。

少なくとも言える事は、先の刺激があったということだ。
毎日の様に電子ドラムを叩き、ロックからエレクトロニカまでの音源とセッションを続けた結果、自分でいうのも何だが、ドラムのプレイにしても耳にしても確実に感覚は研ぎ澄まされていた。

偶然は必然であるというが、僕が今の状況にあるのは、偶然から始まった必然の流れかもしれない。

これからどうなるかは分からない。
ただ、今は音の流れに身を任せ、その中を漂っていたい。
そして、いつか自分の力でその中を泳いで、思うように進めるように。

もうすぐ冬が終わる。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

歌詞になりそうな日記ですね!先輩のドラムまた聴きたいっす♪
【2006/03/06 12:12】 URL | BRASS MAN #- [ 編集]


やっちゃえー。頑張れー。
感覚が研ぎ澄まされた君とまた一緒にやってみたいなー。こっちも研ぎ澄まされてますぜ。
【2006/03/06 22:18】 URL | いわみや #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tickfour.blog10.fc2.com/tb.php/69-e200bad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。