FC2ブログ
Profile

■takuya■

  • Author:■takuya■
  • 【自己紹介】
    音楽と酒を愛す24才。
    福岡は筑豊生まれ。
    就職を機に神戸に移籍。
    そしたら今度はフィリピン!
    グローバルな男になるぜ。

    【連絡先】
    tickfour@hotmail.co.jp



Recommend

mika

[Life in cartoon motion / MIKA]
英BBCが2007年最も注目のアーティストとして選んだのが彼ら。 その評価は置いておくにしても,このキャッチーさとダンサブルなサウンドは誰もの心を掴むはず.Let's dance!!

super nice

[SUPER NICE!!!! / mo'some tonebender]
俺が欲しかったのはコレだ!!血管ブチ切れた彼らも良いけどM3,6,11辺りのどこか物憂げな雰囲気が彼の声には良く似合う。ただ最近見たライブが余りにも…マジで今後に期待してます。

hedwig

[Movie]HEDWIG AND THE ANGRY INCH
ブロードウェイから飛び出した色物ロックミュージカルはやがてデビッドボウイ・ルーリード・マドンナをも魅了する最高のエンターテインメントショーとなった. 全てを失った女男の"愛"についての感動の物語. 全て素晴らしいが楽曲が飛びぬけて素晴らしい.



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Calendar

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最近のコメント



blog pet



Link

このブログをリンクに追加する



世界を股にかけろ!!
06 << 2005/07 >> 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お笑い大戦争
終わりましたね。25時間TV。
鶴瓶が逃げ出したり偉い人が走ってみたりとまぁやらせっちゃあやらせですが最後の鶴瓶の話を聞くと少し納得できたような気がします。

それはさておき今日のテーマは深夜枠のカマ騒ぎです。
直前のコーナーで伸介とさんまという2ショットがしゃべりまくり、かなりの時間押してしまったカマ騒ぎ。
わざわざさんまのコーナー中に抗議を申し立てるほどぴりぴりしてた様子。
そしていざ始まるやいなやさんま達が最後に「カマ騒ぎに遊びに行こう」
といった事に対しての話に。
アンガールズ・劇団ひとり・アンタッチャブルなどといったお笑い第5世代をかかえる今回のかま騒ぎ。
さんまが来たら成り立たないといった意見が大半を占め、伸介が帰ったという知らせに大喜びする一同。
俺も正直内心ほっとしたつかの間、今田が発した一言。

「あんたたちそれじゃだめなのよ!あのライオンのオリの中になかに飛び込まなきゃ伸びないのよ!」

正直今田がカッコいいと思った。
その後さんまがひとりで乱入。やりたい放題のさんまに現場は正にカオス状態。

そして見えてきたのが若手とベテラン勢の圧倒的なな力の差。

まともにしゃべれてたのが今田・宮迫・淳・極楽の2人といったところか。
若手に至ってはふられてもオロオロし何もできずに引っ込んでしまう始末。
中には半泣き状態の奴までいる。
M-1でグランプリを取って今回最前列に座る快挙を成し遂げたアンタッチャブルさえもほとんど何もできない。

確かに矢部でさえ収拾がつかなくなったあの現場は並みの力じゃあ切り抜けることができないだろう。
ただ、失敗を恐れて何もできない若手を見ているとやっぱり彼らがゴールデンで看板を張る時代はまだまだだなと思わされた。

反面今田はさすがごっつ時代にダウンタウンに鍛えられただけの事はあって、堂々たるもの。
おいしいボケはしっかり拾っていくし空気を読んであえて引くことも周りを沈めることもできる。
将来吉本を背負うのは間違いなく彼だろう。

色んな意味で本当にレベルの高い攻防戦を見せられた感があった今回のカマ騒ぎ。
ただ、なにをさしおいても間違いなくこれだけは言える。

お笑い怪獣さんまは最強である。
スポンサーサイト
スポンサーサイト

こいつぁすげぇぜ。
BOSE、それは業界屈指のスピーカメーカ。
ハイクオリティかつハイコストなスピーカは欲しくても手が出ないスピーカとしてその名を轟かせる。
そんなBOSEがもてる技術力の全てを投じ、満を持して世に送り出した商品がある。
それがTriport。ヘッドフォンである。
購入は通販のみ。購入後2週間以内なら返品後全額返金する辺りにもBOSEの自信が感じ取れる。

俺は通勤時はGigabeat(HDDオーディオプレイヤー)で音楽を聴く時、家でもV-Drum(電子ドラム)を叩く時にヘッドフォンを使う。
そういうわけでこのヘッドフォンは俺の購買意欲を激しく刺激していたわけで。

先日ネットで近辺の買い物スポットを探しているとアウトレットモールが近くにあることを知り、そこにBOSEの直売店があることを知った。
いても立ってもいられなくなった俺は今日帰宅するや否やその店に走った。

相変わらず目を疑うような値段のBOSE商品の中に、Triportは展示してあった。
わざわざ自前のヘッドフォンを持ってきていた俺は、250枚近くのCDを入れたGigabeatから選びに選び抜いたモニター用の曲(冒頭はドラムのみから始まる)をまずそのヘッドフォンで聞いた。
いつも聞き慣れた音だった。特に不満は感じなかった。

ある程度聞いたところで、軽く耳抜きをし、Triportを装着した。
その時点でその軽さ、イヤーパッドのフィット感の素晴らしさにまず驚く。
気を取り直し、同じ曲の再生ボタンを押した。。。。。

ドン!チッ!タン!
゚Д゚)なんじゃこりゃぁぁぁあああ~~~!

あまりのドラムの音の生々しさに思わず笑いが出る。
低音が出るのは予想できていた。ただその手のヘッドフォンは総じて高音域がこもっていたり低音につぶされてヌケの悪い音像がぼやけた感じになるものだ。
しかしこれは違った。バスドラム、ハイハット、スネアの音をしっかり分離してはっきりと耳にぶつけてくる。
その音のクリアさはそのフィット感や軽さと相まってヘッドフォンをつけていることを忘れてしまいそうになるほど。
加えて驚いたのがその密封性の高さ。
快適に聞けるくらいのボリュームで、既に周りの音がほとんど聞こえなくなる。
連れに着けてもらって分かったが、音漏れがほとんどない。
つまり、イヤーパッドの中はスピーカから出た音のみが響いているという事。
ここまで純粋に音楽だけが耳に届いてくるヘッドフォンはそうないでしょう。

というわけで買っちゃいました。
triport

気になるお値段は20790円(税込み)
まあ確かに他のヘッドフォンに比べたらかなりの割高。
ただこれを高いというまえに実際にこれで音を聞いてみるべき。
こちらが全国のBOSE直売店リスト。
興味がある方はぜひお気に入りのCDを持って足を運んでみてください。
いや、べつにBOSEの回し者じゃないっすよ。
ただあんまり感動したものですから。

V-Drumにつないで叩いた時の感動といったらもう言葉にできませんでした。
Gigabeatをつないで曲に合わせて叩くと実際にセッションしてるかと思いました。
皆さん、是非お試しを!

Fix Drug Rock'nRoll!
虫歯になったら歯医者に治療(fix)に行きましょう。
忙しくていけなかったら薬(Drug)でごまかしましょう。
それでもだめならギターを弾くなりドラムを叩くなりしてトリップしましょう(Rock'nRoll)
Fixはいろんな意味でハイリスクですが確実になおります。
Rock'nRollは手軽ですが効き目には個人差があり、何より持続性がありません。
Drugはバランスの取れた手段です。

先日から続く歯痛の猛威は留まるところを知らず、昨日は信じたくなかったのでドラムを叩いてごまかしました。
今日は会社で激痛に襲われたのでドラムを叩くわけにもいかず残業で歯医者にもいけなかったので薬でごまかしました。

いや虫歯ってほんとにしんどいです。
でも歯医者に行くのはちょっと。。。。
そんなあなたに朗報!
昨日虫歯を治療する薬ができないのは歯科業界の圧力のせいだとか言いましたが、ありました。

では、歯医者さんは廃業?

い~え、違います。答えは簡単、歯医者さんにしか使えない薬を開発したんです。
なんとまぁ賢い手段なのでしょうか。
まだ全国的に実用の段階にはいたってませんが、この方法が浸透すればあのいや~な虫歯治療は瞬く間にすばらしく快適なものになるでしょう。
キーワードは「麻酔なし!削りなし!痛みなし!一度だけ!」
なんてすばらしい響きでしょう。
正に歯科業界レボリューション21です。
ある意味現代医学が私たち一般人に授けてくれた最も偉大な発明といってもいいでしょう。

ビバ21世紀!ありがとう医学の進歩!

まぁただ何が悲しいかって
俺はその治療の恩恵を受けれないってことですけどね。。。

明日歯医者行ってきます。(T_T)




A Hat Got It Tight!
あ~歯が痛い!
試しにエキサイト翻訳に投げたら
「帽子で、それはきつくなりました。」
帽子のせいではありませんが歯が日曜日からうずいて仕方ないとです。

もう痛くて痛くて昨日なんか我慢できず8時に寝てしまいましたよ。
目が覚めても直らないから凹むばかり。
大体このあいだ歯科検診で「C1宣言」された歯じゃないところが痛いんだから煮えきりません。
明日になっても治らなかったら鎮痛剤買ってやります。
それでも駄目ならしょうがないから歯医者さんに行くしかないです。

歯医者は俺の嫌いなものランキングトップ5には入ります。
鳴り響く甲高いドリル音、ほとばしる激痛、見上げると不気味な医者の顔。。。。
何で医学はかくも進歩しているのに虫歯治療薬は調合されないのか?
まじめに考えてみた結果導き出された答えは、
歯科業界の圧力です。
そりゃもう間違いありません。
薬なんか作った日にゃあ歯科医師や技師は瞬時に廃業間違いなし。
家庭を守るためにも意地でも阻止せねばなりません。
それを考えるとわがまま言わずに歯医者に世話になるしかないなという気にもなります。
それにしてもちゃんと歯は磨いてるのになんでこうも虫歯になるんでしょう?
俺の奥歯はほとんど銀の詰め物が埋まってます。
だれかいい方法教えてくれませんか?


さらば破壊王
今日の午後、仕事中にちょっとyahooニュースをのぞいてみると
「プロレスラー、橋本真也氏急死」の文字。
デスクでいきなり「うっそ!?」って叫んでしまいました。

俺が中学生の頃初めて見たプロレスは新日本プロレスという団体の興行でした。
当時新日本プロレスでは闘魂3銃士と呼ばれる3人が正に全盛期を迎えてました。
その3銃士が蝶野正洋・武藤敬司・そして橋本真也で、それぞれ個性あふれるファイトで新日のマットを賑せていたものです。
個人的には武藤のファンだったのですが、橋本の垂直直下DDTが出た時は胸が躍りました。
その後プロレス業界は分裂の一途を辿り、二台巨頭だった新日本プロレスと全日本プロレスも目も当てれないほどさびれてしまい、ショープロレス的要素が増えてきた中橋本が新日の醍醐味であるストロングスタイルのプロレスを目指してZERO-ONE旗揚げしたと思えばもろにショープロレスのハッスルに参加と、橋本がやるんだから何かがあるかもと思わされたんです。
それほどまでに彼にはプロレスの先を見せてくれる何かがあると思ってました。
それだけに非常に残念です。

本当に今までお疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。

サタデーナイト
スターウォーズ見に行きました。一人で。
いや、友達いないわけじゃないっすよ。
その後大阪に行く予定だったし見終わってさようならってのもねぇ?
それに友達は宇宙戦争派だったから。
言い訳はこれくらいにして感想をば。
正直な感想は「期待通りだった。」
そもそも今作は新三部作を完結させ旧三部作へとストーリーを渡す橋渡し的なもの。
様々な謎が解けてストーリーがつながるってのがキモなんですよ。
ただそれがあまりにも予想通りだったわけで。
「ああ、やっぱりそういう事だったんだ」みたいになるんですね。
つまり俺的にはよい意味で期待を裏切ってほしかったんです。
それだけにちょっと物足りなかったかなと。
まぁスターウォーズ概論の試験で60点は取れないとほとんど楽しめないでしょうね。
見ようと思う人は必ず旧三部作とエピソード1・2を見てからにしましょう。

映画の後はそのまま大阪に足を運びクラブスヌーザーに参戦。
ちなみにここでは友達と合流しましたよ。一人じゃありません。
クラブスヌーザーってのは雑誌Snoozerの編集長である田中宗一郎が例え雑誌の発売が遅れようがやり続ける全国行脚のクラブイベント。
俺は「クラブ」という言葉には都会的で、男女が酒を飲んで声を掛け合い馴れ馴れしくする場所といった
いかにも田舎っぺな
イメージを抱いてたんですが、会社の友達に連れられ初めてクラブイベントにいって以来、その選曲の素敵さ、音のデカさ、客の反応の良さにスッカリはまってしまい、週末は専らどっかのクラブイベントに行くほどになってしまいました。
酒を飲みながら良い曲を聞いて歌い踊りながら見ず知らずの人たちと盛り上がるのはなかなか乙です。いい汗もかくのできっとやせます。

ただ今回は風邪が治ってなかったんで歌いすぎて声がガラガラになりましたが。(原因はmusicのthe peopleとvinesのget free絶唱)

タナソウさんは最後に言いました。
「また発行が遅れちゃってます。しかも表紙は俺の独断でThe La'sです。売れるかな?」
相変わらずやりたい放題です。これからもがんばって下さい。
tanaso



社会人とは
サラリーマンってどんなイメージ?
学生だった頃の俺を含む周りの人に聞いてみたい。
「忙しい」「疲れている」「週末に酔っ払う」
多分こんな事を言っただろう。
大正解。
木曜日は疲れて8時に寝ました。そう、疲れてるんです。
今日は飲みに行きました。そう、週末は飲むんです。
でもね。。。飲めるだけましなんです。
俺が楽しく酒を飲んでる間に俺の友達は終電が無くなるまで働き続けてました。
一人は3時半に俺に電話をかけてきて「泊めて」といいました。
ああ、泊めますとも。本当に申し訳ない。
もう一人は
「始発までがんばるしかないな」といわれました。
俺もこうなる日は遠くないです。
これを読んでる学生諸君、社会は甘くない。


書く気なし
残業疲れです。爆睡です。
忙しい日は忙しいんです。お疲れ、俺。

Smokeing 損な事だ
タイトル語呂合わせのつもりですがちょい無理あるかな(^_^;)

んなことはどーでもいいんすよ。今日はタバコの話。
最近やたらと世間ではタバコにいやなイメージを植えつけようとしてます。
昨年あたりに健康増進法なる受動喫煙を防ぐ決まりができました。
愛煙家は屋内から締め出され、暑くても寒くても外で細々と煙を吐き出すことを余儀なくされました。
しかし世間はそれだけでは気が収まらないらしく、遂にはタバコに危険物のレッテルを貼るに至ったのです。

少し話はそれますが世の中にはたくさんのタバコがあります。
各銘柄が特徴のある味や香りを追求すると共に求め続けてきたもの、それはパッケージデザイン。
味と香りのイメージに合うよう広告担当の方が頭をひねって何本ものタバコを吸って搾り出した珠玉のデザイン。
それらは芸術的なものも数多く存在します。
JTが代表銘柄のデザインを一新したのは今年に入って間もないころでした。
より多くの人にJTのタバコのよさを分かってもらおうと多くの人ががんばった結果生まれたデザインはどれもすばらしいものでした。
俺の指定銘柄であるキャスターも
「おっさん臭い」
というレッテルを拭うべく非常にPOPなデザインに切り替えられ、あの日から確実に若いキャスターファンが増えたのは間違いないでしょう。
casters.jpg


しか~~~し!!

まだそれから間もない初夏。タバコ業界に滅茶苦茶な決まり事が叩きつけられました。
それはタバコの危険性を示す文を側面ではなく正面に、しかも約30%以上をそれに費やすという義務。
文の内容も昔に比べより「危ない」感が出るものに置き換えられました。
keikokus.jpg

あっという間にあらゆるタバコのデザインはだっさ~いものになりました。
松田勇作が夕暮れでポケットからこんなタバコを出したら雰囲気も台無しになるでしょう。
広告担当の方々の苦労も知らず全くやり過ぎにもほどがあります。

まぁ分かりますよ。確かにタバコなんて吸っても何もいいことありません。
海外では喫煙者は自己管理ができない人間として社会的にも悪く思われるそうですし。
ただね、自己管理でしょ?
わざわざそんなでかでかと書かれなくても
わかっとんじゃいボケが!!!って感じでしょ。
建前は未成年や妊婦の方への警告なんでしょうが俺には
「かっこつけてねぇでとっととやめろや」といわれてるようにしか思えません。
タバコ吸ってるときパッケージが目に入ると何かテンション下がるし。
タバコを止めろと主張するのは良いけどもう少し方法を考えましょうよ、とささやかに主張して今日は終いにします。

あぁ、タバコうま~いtabacos.jpg


Liveライブ雷舞
本日は仕事も定時であがれたので大阪は十三Fandango(じゅうさんではなく”じゅうそう”です。あしからず。)へと足を運ぶ。
目的は一つ。SchoolGirl69のライブにございます。
三宮で阪急電車に乗り換え走ること約20分。
黒崎とか西陣あたりを思わせる下町+スナック街十三に到着。
JRと阪急で片道470円也。う~ん安いねぇ。

ちなみにここ関西では神戸~京都間も手段によっては片道千円を切る安さで移動できます。
実家から福岡に行くのに片道1500円弱を払っていた田舎者にとって
野口英世一人で金閣寺を見に行ける
ということは奇跡としか思えません。

話がそれましたがファンダンゴ。
久々のライブハウスやったけど音デカっ!!
ただでさえ久々なのに鼓膜もっていかれるかと思いましたわ。
1バンド目の途中で入ったんやけど1バンド目悪くなかったです。
何か斜陽思い出したり。そんな感じ。
2バンド目。アジカン?最近流行ってるんですかねこういうの。
悪くないけどイマイチ演奏がバラバラでした。残念。

そして真打スクールガール登場!
音デカっ!
久々に見た室氏の低重心のドラムは今まで以上にヘヴィでダンサブルでした。
schools.jpg


楽曲はストレートなロックありダビーな音響系ありとより幅広くなったんじゃないかと。
本当にかっこよかったです。
新譜を買おうとしたら大人の事情により大手量販店で買ってくださいとのこと(笑)
そんなわけでTシャツ買いました。明日着ます。
Ts.jpg


いやでもホントにかっこいいんで皆さんも是非新譜を手にしてみてはいかがでしょうか?
もちろんご購入の際は大手量販店で(笑)。
こちらでは現在PVフル視聴できます!)
最後のバンドのボーカルの歌い方があまりにも某バンドの原○兵氏にそっくりでした。
それは隅っこで聞いてた俺と室さんとゆうすけさんが同時に目があうくらい。

そんなわけで今日も一日が終わりました。ドラムたたきたい。
V-Drum早く帰ってこないかねぇ。。。

今日の1曲:SchoolGirl69 : Death Surf Panic

風邪と会社と私
そう、昨晩からいやな予感はうすうすは感じていたのだ。
何かがおかしい、それには気づいていたはずだった。
ただ、日曜日の夜にそれを認めてしまったら確実に俺は奴に負けると思った。
だから酒を飲んでごまかそうとしたんだ。

そして今朝。

体を起こそうとしたその瞬間、強烈に脳を揺らされたような眩暈が俺を襲った。
その直後に頭骸骨にひびが入るような激痛。
たまらず嗚咽をもらすと正に声にもならない声が耳に入る。
俺の全ては奴の支配下にあった。

夢であって欲しいという希望にすがり、まだ早かったこともありもう一度床に就いた。
悪夢のような、幻覚のような不思議なショートストーリーが頭の中で流れ続ける。
もはや起きてるのか寝てるのかさえ自分では判断できなかった。

もう一度気がついたときは、もう準備をしないといけない時間だった…

はい、風邪引きました。つーかぶり返しました。
もう地獄やね。近くに病院もないし。薬は切れるし。
幸い会社に健康保険センターなる簡易医療施設があるのでそこで診てもらうことに。
そしたら出るわ出るわ薬の山。5日分で

風邪薬A・風邪薬B・・・15錠
抗生物質・・・・・・・15カプセル
胃薬・・・・・・・・・15袋
解熱剤・・・・・・・・15錠
炎症緩和剤・・・・・・15袋

の6種類を処方される。
俺が熟練の魔法使いなら 迷わずイオナズンです。

まぁ何が悲しいかって薬を飲まないとしんどくてやってられなくなったこの体が悲しい。
でも飲んだらうそのように一時的に元気になるもんだから薬ってすごいなと改めて思いましたね。
で薬が切れると一気にしんどくなるっていう…これってドラッグとほとんど変わらないんじゃ?
とか思う。
今年の風邪は非常に長引きます。これは周りを見ていても明らか。
皆さん、十分に気をつけましょう。
今日はもう寝ます。オヤスミナサイ。
あ、薬飲まんと…
kusuris.jpg



やっと再開
なーんか色々バタバタしてサボっちゃったけど新しいブログにて改めて日記再開します。
いやね、言い訳がましいですけど携帯で日記書くのって結構大変だと思いません?
たとえば俺の携帯の場合長文を入力中にメール受信すると入力した文章全部消えるしさ。わかる人いるでしょ?
しまいにゃあボーダフォン3Gシリーズで不具合が出てネットワークにつながらなくなったりとかさ。それが1週間分まとめて更新しようというときだったらやる気もなくなりますよ。
まあ枕元にノートPCセッティングしたから今日からはバシバシ日記書いていきますよ。
beds.jpg

とりあえず旧ブログが停止してから今日までにあったことのおさらい。

6月9日:この日に前のブログの「リニア」までを書いてました。実はこの日名古屋に出張だったわけで。行きの新幹線でリニアまで書いたものの、帰りあたりから例のネットワーク障害に見舞われ更新できず。出張ってだるいもんです。人生初の「ひつまぶし」を食べました。
hitsumabushis.jpg

6月10日:クラブスヌーザーに初参戦、まさか俺が大阪にいるとは夢にも思ってなかったT氏と感動の再会を果たす。彼は依然見たときよりも一回りも二回りも大きくなっていた。本当にかっこよくてなぜか泣きそうになった。これからもがんばってください。
hes.jpg

6月12日:ネットワーク障害から復旧するも携帯自体がぶっ壊れる。この辺から確実にブログを更新する気が失せてくる。

6月16日:携帯復活。しかしブログの更新のやる気は無くなる。まもなくインターネット開通の知らせが来たためそれを待つことに決定。

6月18日:寸志、つまりちょっぴりボーナスが出る。意気揚々と楽器屋に向かい以前から狙っていたHistoryのテレキャスを試奏、購入。テンションがあがる。
guitars.jpg

6月19日:東芝製ギガビートをVドラムのMixIn端子にぶち込んで中村一義とセッション中に強烈な爆発音と共に両マシンのシステムがぶっ飛ぶ。関西に来て一番凹んだ夜。その日一日何もできず。

6月20日:両マシンをだめもとで修理に出す。以外にもどちらも保障が効いてテンションが戻る。

6月28日:風邪をひく。が、ギガビートが復活して戻ってくる。

7月1日:風邪が全快する間もなく部署の歓迎会に参加。やたら時期が遅いのはあまりにも忙しいため。実際3チームある中俺のチームの先輩は一人しかこれず途方にくれる。

7月2日:風邪が治りかけていたのでフットサル大会に参加。雨に打たれ走り回り、酒を飲んだあたりで一気にぶり返しノックアウト。

で今日。1晩寝たらうそのように体調がよくなったので各種パソコンのセットアップに精を出しブログ再開に至る。そんなわけでこれからもがんばって続けます。そうそう、このブログ見てる人でホットメールのアカウント持ってる人いたらメールで教えてください。よろしく。ちなみにホームページも作ってます。完成しだい報告しますんでこっちも乞うご期待ってことで。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。