Profile

■takuya■

  • Author:■takuya■
  • 【自己紹介】
    音楽と酒を愛す24才。
    福岡は筑豊生まれ。
    就職を機に神戸に移籍。
    そしたら今度はフィリピン!
    グローバルな男になるぜ。

    【連絡先】
    tickfour@hotmail.co.jp



Recommend

mika

[Life in cartoon motion / MIKA]
英BBCが2007年最も注目のアーティストとして選んだのが彼ら。 その評価は置いておくにしても,このキャッチーさとダンサブルなサウンドは誰もの心を掴むはず.Let's dance!!

super nice

[SUPER NICE!!!! / mo'some tonebender]
俺が欲しかったのはコレだ!!血管ブチ切れた彼らも良いけどM3,6,11辺りのどこか物憂げな雰囲気が彼の声には良く似合う。ただ最近見たライブが余りにも…マジで今後に期待してます。

hedwig

[Movie]HEDWIG AND THE ANGRY INCH
ブロードウェイから飛び出した色物ロックミュージカルはやがてデビッドボウイ・ルーリード・マドンナをも魅了する最高のエンターテインメントショーとなった. 全てを失った女男の"愛"についての感動の物語. 全て素晴らしいが楽曲が飛びぬけて素晴らしい.



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近のコメント



blog pet



Link

このブログをリンクに追加する



世界を股にかけろ!!
07 << 2017/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- to ■
25歳になったし海外生活も一段落したんでお引っ越し。
いつになっても地に足の付かないブログだなと思う今日この頃。
それでも見に来てくれる仁徳のある方はどうぞリンクの更新をば…

■ Instant Instasnce ■

http://tickfour.seesaa.net/
スポンサーサイト
スポンサーサイト

ニダ似だ ~異国の美容室編~
僕ぁね、美容室が嫌いなんすよ。

「あぁ~そうですよねぇ~」

「へぇ~すごいですねぇ~」

「本当ですかぁ?私も今度やってみようかなぁ~」

嘘を付け嘘を!

よくもあそこまで心にも無いあいづちを打てるもんやと。
まぁ、ただこれは美容師という仕事上仕方がないかもしれん。
毎日赤の他人と数時間のトークを交わさないといけない訳だし。

がしかし、だ。もう一つ解せない点がある。
それは美容業界(?)の圧倒的な専門用語の多さだ。

セニング、バング、シャギー、アシメ…なんじゃそりゃあ?
多くの女性は知らないなら調べればいいじゃないかと思うのだろう。

しかしねぇ、「どんな感じにします?」って言われて

「じゃあバング短めにしてウルフっぽい感じで…」

恥ずかしっ!!

何いきってんだ俺!ってなるやろ?!俺だけか?

そんな訳で自分の意思をうまく伝えられない駄目な男は、
美容室という場所を魔の領域として近寄る事を恐れている。


さて。


前振りが長くなったが、韓国臭を払拭すべく美容室に行かねばならない。
このままでは、いつキョヌー!!と言われるか気が気じゃない。

しかし此処は異国、あまつさえフィリピンである。
一筋縄でいくわけがない。万全の準備は不可欠だろう。

日本から持ってきたヘアカタログを切り抜く。
写真を見せながら説明すればより確実に伝えられるはず。

次に英語だ。各部位を英語で言う必要がある。
ん?もみあげってなんて言うんだ?

もみあげ。


もみ…あげ…



まっさーじあっぷ


どうやらこの男の英語力では歯が立たないようだ。

まあいい!なるようになる!さあ突撃!

******************************************************

近所のモールにある唯一の美容室、その名は「Ricky Reyes Hair Salon
激しく怪しい。入口の所に謎の人物の等身大のパネル。
「ペヨンジュンのそっくりさん」といった所の微妙な人物。
※リンク先でその怪しい雰囲気(こちらは女性)を体験できます。

「ハロー…」

「アンニョンハセヨー」

ほう、此処でもですか。しかし今日は俺は紳士。動じん!
ここで相手の機嫌を損ねてはこの後どうなるか分らない。

まずはシャンプー台へ通される。意外とまともじゃないか。。。って


「冷たっ!!」

水!?水なのか?時間が経っても一向に温かくならないぞ?
どうやらお湯の出が悪い訳でなく水一本で攻めてくるらしい。
もちろんトリートメントなんてハイカラな液体は存在しない。

恐る恐る写真の切り抜きを渡し、こんな感じにしてと伝える。
さあ何でも聞いてこい!どんとこいってんだ!よぉーし…

ごめんなさい。DON’T来いです。勘弁して下さい。

願いが通じたのか何事も無くカットを始めるお兄さん。
カットは良くも悪くも普通。特に突っ込みどころも無く終了。

よーく見てみると微妙に左右対称。まあでも許容範囲。
すっきりした頭で嫁と再会するも、その口から発せられたのは

「なんや、普通やん。つまらん」

別にウケ狙いに行ったわけじゃないよハニー。。。

******************************************************

翌日。月曜日意気揚々と出勤。
同僚の日本人駐在員の方が陽気に一言。

「お、何か韓国人みたいになったな!!」

皆様へ一言。


男性が髪を切った時の扱いには注意しましょう。


ハヤク日本人ニナリターイ!!

belo



ニダ似だ ~ピリピノ打線編~
「アンニョンハセヨー」
今日もである。店員の屈託のない笑顔が余計に俺を苛立たせる。


2ヶ月前だろうか。俺は2度目のこの国の地を踏んでいた。
目的は語学研修。現地のベルリッツに1ヶ月程通うためだった。
空港から降り立ち、ホテルタクシーを拾うためにホテルラウンジへ。
そこでホテルマンの口から飛び出た一言がこれだった。

それからというもの、とにかくどいつもこいつもアンニョンだ。
ホテルはおろか、スーパー、コンビニ、服屋、CD屋、メシ屋…
驚異の打率10割。しかもその打球も半端じゃあない。

「日本人?韓国人?いや、たぶん韓国人かな~」
と迷いながらも振り遅れつつ発せられる内野ゴロではない。
冒頭にも述べたように100%直球韓国人と確信を持って繰り出される
中村張りのフルスイングから、快音とともに放たれる気持ちの良いヒットだ。

当然プライドが許さず、ひるみつつもしっかりとミットに納め

「アイムジャッパニーッズ!」

と威嚇すると、一瞬戸惑った後、半笑いで「コンニチハ…」である。

事もあろうに強打者達は恐るべき事に例のハネムーンにすら遠征してきた。
んで、ついに痺れを切らした俺は禁断の質問をした。

"Why do you think I am Korean? Do you have any reason?"


"Because... Your hair."

ユアヘアー?俺の髪だと?これがどうしたってんだ?

"Your hair look like Korean."

ファック!

「髪型が韓国人みたい」こんな安易な理由があっていいのか?
というか韓国人みたいな髪型ってなんだ?キムチの匂いがするのか?

隣の嫁はんには爆笑され、いたく傷心した韓国風らしい俺。
これ以上傷つかない為、遂に初めて異国の美容室の門をくぐるのだった。

~次回、美容室編に続く~

僕等の場合
近い将来、誰かに聞かれるかもしれない。
「ハネムーンはどこだった?」と。

勿論「フィリピン」と答える訳だが、その時の相手のリアクションが目に浮かぶ。

実際マニラの街は汚いし、飯は何か甘いし、治安も悪いしと、
どこを取ってもハネムーンに耐えうるクオリティでは無い。

が、しかし。

ちょいと足を伸ばせばどうだ、こ~んな景色がゴロゴロしてる。

sky-view


そもそもこの国は7000以上の島を擁する異常な地理の上に成り立っており、
しかも人が暮らしているのはその内のごく僅かという。
つまりほとんどの島は手つかずのまま自然を保ち続けている。
それをリゾート会社が目をつけない訳も無く、島を丸ごと買い取り、
アイランドリゾートとして仕立て上げてしまっている。

そんな訳で、アイランドリゾートのメッカパラワン諸島、
アプリット島改めクラブノア島に行って参りました。

上記の様に殆ど人の手の入ってない地方にあるため、辿りつくのも一苦労。
をまぁ一癖も二癖もある乗り物で乗り越えると、
こ~んな感じです。

bridge-road

blue-sea

leaf


写真撮れなかったのが残念ですが、海の中はサンゴ礁が広がり、
色取り取りの熱帯魚が思いのままに泳ぎまわる夢の様な空間。
かの有名なカクレクマノミの親子にもご対面できちゃいます。

そして何よりこのリゾートが特別なのはとにかく静かなこと。
客が圧倒的に少なく制限されていることもあり、ちょっとした
プライベートビーチ状態になる事さえもあったりする(↓)

beach


グアム・サイパン・ハワイ・バリ島…南国リゾートは数あれど、
今狙うべきはフィリピンはパラワンだ!皆さんも是非。

開通!
早くもネット開通しました!
ホットメールも見れる!ミクシイも見れる!
日記も書ける!というわけでこれからもヨロシクです。

ただねえ、速度が下り489kbps
いやまあ遅いっちゃあ遅いかなって位の感じなんですがね。

ただもう最近の日本のWEBときたら20M以下置き去りの重さ。
あちらこちらに動画やらフラッシュ貼るのやめろと。

さてさて、嫁も昨日到着し、明日から待望の赴任休暇。
思えば2月に入籍してから早4か月もたった訳で。。。
3月末に式を挙げてから一緒にいたのは延べ10日程。
いやホントに嫁さんには悪い事したなぁと思っております。

つーわけで火曜から待望の新婚旅行!!やったね!!
場所は天国の棲むリゾート、クラブノアイザベル!!
帰ってきたら写真とか色々アップしてみます。

ではまた金曜日あたりにお会いしましょう~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。